【土地活用のメリット】

土地活用には、さまざまなメリットがありますが今回は主に相続税に関することについてお話ししてまいります。

【相続税:有効な税務対策】

土地はただ持っているだけで一定の維持費がかかります。その費用の代表格が税金です。
大切な土地を、少しでも税金の負担を少なくしながら、維持していくために有効な手段こそ、賃貸住宅経営に代表される土地活用。固定資産税・都市計画税、相続税、所得税…それぞれの観点から、税金面における土地活用のメリットをご紹介いたします。

【相続は現金より不動産活用が有利】

相続税の評価は原則的には相続開始時の時価で決められます。評価の仕方は財産の種類によって異なります。
ところが、土地・建物といった不動産の場合は、時価ではなく「評価額」で決まります。「評価額」は時価より低くなる場合が多く、さらに、土地活用や特例によって低くなる場合もあるので、現預金で相続するより有利だと言われています。

【賃貸住宅を建てた場合の節税効果】

市街地の宅地に資産を持っていた場合、賃貸住宅を建て土地活用を行った際の相続税の評価額が「土地活用を行っていない」土地に比べ評価額は全く違います。つまり税金を抑える事が可能になります。

相続税の評価額=賃貸建付地の評価額通常に比べ最大80%に減額+借地権割合に応じた控除額は通常に比べ最大70%に減額

【まとめ】

土地活用を「行わないままただ土地」を持っているのと活用した場合を比較すると相続税の節税効果は明らかに違います。土地活用をまだ行っていない場合は一度活用をご検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
Top