【Chage SPOT Stand】新たなシェアリングサービス

【株式会社ローソン&ベンチャー企業INFORICHシェアリングサービス】

2018年10月2日、都内6店舗「渋谷道玄坂上店」「渋谷桜丘町南店」「都営東新宿駅前店」「東新宿明治通店」「恵比寿プライムスクエア店」「代々木西表参道店」で持ち運び可能なモバイルバッテリー(スマホ)のシェアリングサービスを始めた。充電器の貸し出し返却の窓口になる自動販売機型の筐体「Chage SPOT Stand」(ベンチャー企業INFORICH)を設置する。利用料金は最初の60分「100円」最初の60分超えて48時間までの追加料金が「100円」なので最大2日間ご利用で「200円」但し、初回利用として保証金「1500円」がかかります。モバイルバッテリーを返却すればきちんと保証金は返ってきますので実質「200円」でのモバイルバッテリーのご利用となります。

 

【Chage SPOT Stand導入】

年度内には国内に7000ヶ所を予定の「Chage SPOT Stand」主に飲食店、映画館、百貨店等に設置予定。来年まで15000ヶ所を予定している。ローソンでの「Chage SPOT Stand」導入予定は来年の2月までに100ヶ所を予定している。上記の写真の通り「Chage SPOT Stand」が設置されている場所であれば、「どこでも借りれて、どこでも返せる」このシェアリングサービスをコンビニに設置が増えれば消費者ニーズは「買う」以外に「充電器を借りる、返す」といった全く別ルートでの消費者ニーズの獲得に繋がります。「Chage SPOT Stand」導入によりコンビニの需要が増えることは私たち店舗開発ユニットとしても大変喜ばしい出来事であり新店舗に「Chage SPOT Stand」を設置、また既存店の設置は今後増える可能性は充分にあると思います。今後の「Chage SPOT Stand」は都内だけでなく福岡や沖縄等に設置を考えているそうです。

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Top